このような代理店は、できるだけ避けるようにしたいものです。好い代理店の1つの目安としては、キャッシュバックの支給時期はサービス開始後半年以内、請求方法はサイトから1回の手続きで済み、支払方法は、現金で直接ユーザーの口座に振り込む方法である、というような要件が上げられます。

 

キャッシュバックの請求方法や支給時期についても確認しておく必要があります。また、申請手続きも、アンケートに答えたり、書面や電話での複数回のやり取りが必要であるなどして、非常に煩雑な代理店もあります。

 

代理店によっては、キャッシュバックの支給時期を契約から1年や2年後としているところがあります。しかも、そのような代理店の場合、契約から1年や2年が経過したら現金が自動的に振り込まれるのではなく、こちらから申請しなくてはなりません。

 

この場合には、キャッシュバックの申請手続きを忘れてしまい、キャッシュバックを受け取ることができないような事態が多発します。